アイドルオーディションを受けるあたりやるべきこと。

アイドルオーディションを受けるにあたって、やるべきことは沢山あります。まず基本的なことを挙げると歌とダンスの練習です。私は週に1回のボイストレーニングと、週に2回のダンスレッスンを受けています。昔はもう少し多く受けていましたが、基礎が身についているので今は回数を減らしています。

またレッスンがない日でも、時間を見つけてはカラオケに行き歌の練習をしたり、家で歌いながら踊る練習もしています。この時気をつけることは、必ず鏡を見ながら踊ることです。自分で踊れていると思っても、自然と腕が下がっていたり角度が綺麗に決まっていないことが多いからです。また録画をすることも大切です。

そして、アイドルとして大切なことは笑顔です。歌が歌える、ダンスが上手というだけではアイドルオーディションに受かる確率は低いのです。アイドルたるもの、笑顔で歌いながら踊るということを全てセットで出来なければならないのです。それには想像以上の体力が必要になってくるので、笑顔が引きつらないように何曲も歌って踊りきる練習も必要になってきます。

また技術面だけではなく、自分自身を磨く必要もあります。アイドルは肌を出すことが多いので脱毛は早めに終わらせておくことをオススメします。また、アイドルは清楚なイメージが強いので髪の毛は染めないで、ツヤのある綺麗なストレートに保つことも私は気をつけています。

顔に関しては整形などせず、自然体の自分自身をどれだけ魅力的に魅せられるかが大切になってきます。自分に合ったメイクや服装を日々研究し、オーディション当日までに納得のいくファッションを決めておくことも大切です。
そして、アイドルデビューの夢が叶ったとしても、デビュー前の行いが悪いとファンに愛想を尽かされてしまう可能性があります。デビューしてからアイドルとして気をつけるのではなく、アイドルオーディションを受ける決意をした時点で私生活に気をつける必要があります。

アイドルオーディションを受けるにあたり他にもダイエットやオーディション慣れなどまだまだあります。色々と制限も出てきますが、どんなに我慢してもどんな制限を受けてもアイドルという夢を叶えるためには苦じゃありません。アイドルとしてデビューし、人々を幸せに・笑顔に出来るアイドルを目指してこれからも頑張っています。”