合格する方法

オーディションを受ける際に、一番大事なのは体調管理。
『帰るまでが遠足』ではないが、受ける前までのコンディションも含めて、オーディションだ。

幸いなことに、自分は予定していたオーディションに行けなかったことはない。
しかし、「体調崩して、行けなかった」という話は耳にする。
まあ、これは、受験(大学の入試試験など)にも言えることだが、受けもしないで落ちる…というのは、あってはならないことだ。
ゆえに、『事前の体調管理』が一番大事となる。

これも、受ける前の話となるが、『履歴書』の内容にも気を付けなければならない。
身長を盛りたい気持ちに駈られるが、ぐっと堪えて正直に書くべし。アイドルにはクリーンなイメージが必要だからだ。
身長に限らず、身の丈以上のことを書いてはならない。
自分を大きくアピールするのは得策ではない。
持っていないもの・成れてはいないものを装うより、自分がちゃんと身に付けている特技・等身大の自分を『効果的に』アピールする方が得策だ。

オーディション会場に着いてからの行動も重要となる。
面接会場でだけ、いい顔をするのではなく、着いてから常に、『見られている』という意識を持って行動する。
必要以上にガチガチに演技するのではなく、自然体でよい。『見られている』という意識を持つだけで、周りに与える印象は、だいぶ違ってくる。
『面接には入る前からチェックされている』可能性がある以上、そういう意識を持つことも必要なのだ。

オーディションがスタートしてからは、『面接官の質問に対して誠実に受け答えを行う』に尽きる。
一昔では、前に前に出たり、変なキャラを作ったりして、存在感をアピールした先輩もおられたようだが、我らの時代のアイドルは、個性より、誠実さ&クリーンさが求められていると、自分は考えている。

この情報が役に立つかどうか心許ないが、何かの参考になれば幸い。

アイドルオーディションを受けるあたりやるべきこと。

アイドルオーディションを受けるにあたって、やるべきことは沢山あります。まず基本的なことを挙げると歌とダンスの練習です。私は週に1回のボイストレーニングと、週に2回のダンスレッスンを受けています。昔はもう少し多く受けていましたが、基礎が身についているので今は回数を減らしています。

またレッスンがない日でも、時間を見つけてはカラオケに行き歌の練習をしたり、家で歌いながら踊る練習もしています。この時気をつけることは、必ず鏡を見ながら踊ることです。自分で踊れていると思っても、自然と腕が下がっていたり角度が綺麗に決まっていないことが多いからです。また録画をすることも大切です。

そして、アイドルとして大切なことは笑顔です。歌が歌える、ダンスが上手というだけではアイドルオーディションに受かる確率は低いのです。アイドルたるもの、笑顔で歌いながら踊るということを全てセットで出来なければならないのです。それには想像以上の体力が必要になってくるので、笑顔が引きつらないように何曲も歌って踊りきる練習も必要になってきます。

また技術面だけではなく、自分自身を磨く必要もあります。アイドルは肌を出すことが多いので脱毛は早めに終わらせておくことをオススメします。また、アイドルは清楚なイメージが強いので髪の毛は染めないで、ツヤのある綺麗なストレートに保つことも私は気をつけています。

顔に関しては整形などせず、自然体の自分自身をどれだけ魅力的に魅せられるかが大切になってきます。自分に合ったメイクや服装を日々研究し、オーディション当日までに納得のいくファッションを決めておくことも大切です。
そして、アイドルデビューの夢が叶ったとしても、デビュー前の行いが悪いとファンに愛想を尽かされてしまう可能性があります。デビューしてからアイドルとして気をつけるのではなく、アイドルオーディションを受ける決意をした時点で私生活に気をつける必要があります。

アイドルオーディションを受けるにあたり他にもダイエットやオーディション慣れなどまだまだあります。色々と制限も出てきますが、どんなに我慢してもどんな制限を受けてもアイドルという夢を叶えるためには苦じゃありません。アイドルとしてデビューし、人々を幸せに・笑顔に出来るアイドルを目指してこれからも頑張っています。”

突破口を開くための方法

昔はいろいろとアイドルをさせてもらっておりました。
自分はすぐにアイドルになることができたのではなく、それなりのステップを踏んでアイドルになることができたとおもいっております。ほんとうに様々な挫折なども味わって今があるとおもっております。

それで自分なりにですが、アイドルになるためのステップをいろいろと紹介をさせてもらたいと思います。自分は男性であるので、男性用の紹介を行いたいとおもっております。まずは清潔感です。
自分は当時は茶髪でありましたが、しっかりと化粧もおこなってそれなりの清潔感をだしてまいりました。最近ではありませんが、例えていうのであれば、亀梨や赤西です。彼はホストなどにも出てきそうな顔立ちをしておりますが、それでもしっかりと化粧や振る舞いなども清潔感をだせるよう努力をおこなっております。自分も同じようにいろいろと努力をさせていただきました。

それが審査員方の目にとまり、自分は審査にオーディションを合格することができたのです。それだけではなく、つぎには知識です。じぶんはオーディションには筆記などもありました。
会社の面接と同じです。問題内容としてはアイドルに関する知識が半分と一般常識問題が半分といったところです。自分は何点かはわかりませんでしたが、それなりの点数をとることができたのではないかと思っております。

その二つがオーディションを合格することで必要なのかもしれません。